住吉神社について

イメージ

子どもたちの声が響き、大人たちが心を休める場所。そして、神が住まう場所として遙か昔から氏子(うじこ)たちに親しまれてきた住吉神社。長い歴史を積み上げてきた「すみよしさん」について紹介します。

住吉神社ってなんの神様?

住吉神社は底筒男神(そこつつのおのかみ)、中筒男神(なかつつのおのかみ)、表筒男神(うわつつのおのかみ)の住吉三神を祭神としています。御出現は、伊弉諾大神(いざなぎおおかみ)が筑紫の日向の橘の小戸の阿波伎原でミソギハラヘ(禊祓)をされたときにお生まれになったと「古事記」に記されています。相殿(あいどの)には天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)を配祀し、これを併せて住吉五所大神とも呼ばれています。

住吉神社の御神徳は、ミソギハラヘの御出現の由来から、「心身の清浄」を以てすべての災から身を護る神として古より広く信仰されています。

また、つつのお(筒男)の「つつ」には星の意味があると云われ、航海・海上の守護神としても厚い崇敬があります。

住吉神社っていつからあるの?

当社の歴史は、およそ1,800年以上前に遡ります。全国に2,129社ある住吉神社の中でも、最初の神社と云われており、古書にも当社のことを「住吉本社」「日本第一住吉宮」などと記されています。

博多古図(当社所蔵)

鎌倉時代頃の博多の様子

住吉神社ってどうしていろんな場所にあるの?

住吉大神をお祀りしている神社は、全国に2,129社ありますが、そのほとんどが海の側にあり、特に現在では、大阪の住吉大社、下関の住吉神社、そして当社が日本三大住吉と云われております。

住吉神社の建築様式って?

当社の社殿は「住吉造」と云われていて、神社建築史上最古の特殊な様式をとっています。柱・垂木(たるき)・破風板(はふいた)は丹塗り(にぬり)、羽目板壁は白胡粉塗り(しろこふんぬり)。屋根は切妻(きりづま)の直線形、そして出入り口が直線型妻入式(つまいりしき)という特徴があり、国の重要文化財に指定されているのです。当社の社殿を改築・修理する御遷宮が25年ごとに行われております。

住吉神社の境内にはなにがあるの?

当社の総面積は8,107坪。広大な敷地の中には、さまざまな施設や名所があります。

住吉神社ではなにができるの?

当社では神前結婚式、厄祓い、初宮参りの他、社外での出張祭典なども行っています。また、能楽殿ではさまざまなイベントを行うことも可能です。

住吉神社ではどんなお祭りが行われているの?

春には御田祭(おんださい)、夏には名越大祭(なごしたいさい)、秋には例大祭(相撲会大祭(すもうえたいさい))、冬には追儺祭(ついなさい)(鬼すべ・鷽替え(うそかえ)行事)など、季節によってさまざまなお祭りが行われています。

ページ上部へ