人生のまつり

イメージ

日本では古来より伝統行事の一つとして、人生儀礼があります。出生や成人、結婚など、それぞれの節目の時を家族で祝い、これまでの無事を感謝して神社に祈願するものです。
当社では七五三祈願や厄祓い、神前結婚式などを行っています。

安産祈願(着帯の祝い)

妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に「岩田帯」を締め、赤ちゃんの無事な出産と母親の健全を祈願するもので、犬の安産・多産にあやかっていると言われています。「岩田帯」には赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味が込められています。

初宮詣祈願(お宮参り)

赤ちゃんが産まれて男児は30日目、女児は31日目頃に初めて両親と赤ちゃんが神社に参拝し、無事な出産を感謝して、健やかな成育を願います。(地域によっては100日目に行うところもあります。赤ちゃんの体調などを考え期日の前後で最良の日を選びお参り下さい。)

初誕生

赤ちゃんが産まれて初めての誕生日にお宮に詣り、無事に1年を迎えたことを喜び感謝します。

七五三の祝い(七五三祈願)

11月15日に数え年で3歳の男女児は髪置(今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式)、5歳の男児は袴着(初めて袴を着ける儀式)、7歳の女児は帯解(付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物に替える儀式)の祝いとして、晴れ着を着せて神社に参拝し、健やかな成長を願います。最近では満年齢で行う方が多いようです。

十三参り

数え年で13歳になった少年少女が神社にお参りするもので、昔は男女とも13歳が正式な成人式を迎える前段階の重要な年と考えられていました。関西地方では盛んに行われているようです。

入学・卒業の祝い(入学卒業の祝い、学業成就の祈願)

入学や卒業などの人生の節目に、神様に感謝し、これからの新たな生活を無事に過ごせるようにお願いします。

成人の祝い(成人奉告祈願)

満20歳の1月15日に新成人になったことを社会に認めてもらい自覚することで、社会人として世の中に貢献していくことを誓い、無事に大人の仲間入りが出来たことを神様に奉告し、お祝いします。

結婚式(神前結婚式)

二人が結ばれたことを神様に感謝し、苦楽をともにし幾久しく幸せな家庭を築くことを誓います。神前に奉告し、荘厳なおもむきの中で古式にのっとりおふたりを祝福します。

結婚(神前結婚式)写真

結婚記念の祝い

結婚10年目(鈴婚式)、15年目(銅婚式)、25年目(銀婚式)、50年目(金婚式)に二人が結ばれた日を思いおこし、さらに決意を新たにして神様のご加護を感謝します。

結婚10年目 結婚15年目 結婚25年目 結婚50年目
鈴婚式 銅婚式 銀婚式 金婚式

厄祓

厄年とは人生の転機にあたり、災難や障りが身に降りかかりやすい年と言われ、神様のご加護をいただくことで災厄が身に降りかからないようにお祓いをします。数え年で男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年といわれ、中でも特に男性の42歳、女性の33歳は、大厄とされています。厄年の前後3年間をそれぞれ前厄、本厄、後厄と言います。

平成28年の厄年(数え年)

男性
前厄 本厄 後厄
24歳
平成5年生
25歳
平成4年生
26歳
平成3年生
41歳
昭和51年生
42歳
昭和50年生
43歳
昭和49年生
60歳
昭和32年生
61歳
昭和31年生
62歳
昭和30年生
女性
前厄 本厄 後厄
18歳
平成11年生
19歳
平成10年生
20歳
平成9年生
32歳
昭和60年生
33歳
昭和59年生
34歳
昭和58年生
36歳
昭和56年生
37歳
昭和55年生
38歳
昭和54年生
60歳
昭和32年生
61歳
昭和31年生
62歳
昭和30年生

年祝い(参賀・賀寿)

無事年齢を重ねたことを感謝し、さらなる長寿を願います。

年祝い 年齢(数え年) 説 明
還暦・本卦がえり 61歳 干支(十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせ)は60通りあり、61年目に干支が一巡して元に戻る「暦が還る」という意味合い。生まれた干支に戻ることから、生まれ直すと考えられ、赤いものを贈って祝う習慣があります。
古 希 70歳 唐の詩人杜甫(とほ)の詩「人生七十古来稀(まれ)なり」という意味からつけられました。
喜 寿 77歳 喜寿の草書体の字が「七」「十」「七」とわけられるため。
傘 寿 80歳 「傘」の略字「仐」が「八」「十」とわけられるため。
半寿・盤寿 81歳 「半」という字が「八」「十」「一」とわけられるため。また、将棋盤の目が八十一あることから「盤寿」ともいわれます。
米 寿 88歳 「米」という字が「八」「十」「八」にわけられるため。
卒 寿 90歳 「卒」の俗字「卆」が「九」「十」にわけられるため。
白 寿 99歳 「白」という字が「百」の字から「一」をとるとなるため。
百寿・上寿 100歳 六十歳の下寿、八十歳の中寿に対するもの。
茶 寿 108歳 「茶」の字は「十」が2つと「八十八」とに分解され、合計が百八となることからつけられました。
皇 寿 111歳 「皇」の字が「白」と「玉」に分解され、「白」が「九十九」、「玉」が「十二」ということで、合計百十一となることからつけられました。

還暦

干支(十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせ)は60通りあり、61年目に干支が一巡して元に戻る「暦が還る」という意味合い。 生まれた干支に戻ることから、生まれ直すと考えられ、赤いものを贈って祝う習慣があります。 当社では、赤い法被を着用の上特別祈願祭を行っております。還暦の御祈願は誕生日を迎えられてからお越し下さい。

交通安全祈願

新車・中古車を問わず購入した際や、年に一度神様に交通の安全をお願いします。
祈願終了後に、車輌のお祓いを致しますので、お越しの際は表参道(西門)に駐車して下さい。

ページ上部へ